CMやPV等の映像制作を手掛ける、ひらさわとも のサイトです。
 
shortfilm “q&a”

shortfilm “q&a”

“q&a” film / key visual / liner notes

脚本・演出・撮影・編集・VFX:ひらさわとも / 出演:深琴

クライアントワークとは別にモデルさんや俳優さんとコラボしポートレートムービーやショートフィルムを制作しています。今回は前作に続きモデル/女優の深琴さんをフィーチャーして、SF的な世界を表現してみました。
作中にとても頭のいいキャラクターが出てくるのですが、実際にそういう知人がいます。その知人の心の中を映像化したのです。


Direction・Cinematography・Editing・VFX:Tomo Hirasawa / Cast:Mikoto

Apart from client work, I collaborate with models and actors to produce portrait movies and short films. This time, following the previous film, I featured model/actress Mikoto to express a sci-fi world.
There is a very smart character in the film, and I actually have an acquaintance like that. I visualized the mind of that acquaintance.
English subtitled version is available here.


talk about q&a

監督のひらさわともと、主演の深琴さんによる対談です。VFXの制作過程も紹介。深琴さんの個人的なお話が面白かったので、動画後半におまけコーナーとしてまとめました。
Talk session with director Tomo Hirasawa and lead actor Mikoto (Japanese only)

trailer

本作の予告編です。
Trailer for the film

side story

スタジオ:本作を撮影したスタジオはご覧のように白と黒に塗り分けられており、まさにうってつけでした。しかし奥の壁や天井などは塗り分けられていなかったので、VFXで補完しています。

STUDIO: The studio where this film was shot was painted black and white, which was perfect.
However, the back walls and ceilings were not painted, so VFX were used to supplement the paint.

謎のマシン:部屋の奥にあるマシンは3DCGで描いています。ほぼ正面のみしか映らないのですが、立体的な構造を持っています。

The machine: The machine at the back of the room is depicted in 3DCG. It has a three-dimensional structure, although it is shown almost exclusively in front.


script

本作の脚本をこちらからご覧頂けます(pdf)。最終的な映像との違いにもご注目ください。
You can view the script for this film. (pdf / Japanese only)