論理性が問われる

先日のブログに「今回の作品(「選挙の人うるさい」)は仕様上早朝に歩道橋に登らざるを得ないので、クオリティが上がる可能性が高い」と書きました。これは一部の読者には面白がってもらえるかなと思って仕込んだ若干飛躍のあるロジックです。

つまり個々の作品をどう作るのが良いかではなく、映像制作を沢山試行するとしてクオリティが上がる可能性が高いのはどんな場合か、ということを論じています。でも自分の経験上、このような考え方って「結局個々の作品に於いてはどうすれば良いの?」ということが気になってしまう人には納得してもらいにくいのですよね。

だからこそ隠しネタ的にサラッと書いたのですが、それを何故今更ネタばらししているかと言うと、下の記事がそれに少し似ていると感じたからです。とても良い記事だと思うのですが直感的に納得できない人が一定割合いると思います。その割合が多いとパニックが広がりかねないのが悩ましいですね。早く全てが収束しますよう。

新型コロナ、なぜ希望者全員に検査をしないの?  感染管理の専門家に聞きました

新型コロナウイルス(COVID-19) 、不安でたまらないのに医療機関に行っても検査をしてくれないという不満の声があちこちから聞こえてきます。 なぜ医師は検査をしてくれないのか、そもそもその検査に意味はあるのか、感染対策のプロである聖路加国際病院、QIセンター感染管理室マネジャーの坂本史衣さんに一から教えていただきました。 …