講演の題材


Holojector with MR(画像クリックで再生ページへ)

先日お知らせしました講演、結構お申し込み頂いているようでありがとうございます。当日はVIDEWEBさんと一緒に作らせて頂いた上記PVを題材にCG技術と仕事のアレコレを喋ります。実際の仕事作品を題材にできるのは珍しいと思います。クライアントのNEXTSCAPE様をはじめ関係各位に感謝します。

ところで、関係者への共有用に喋ることは一応原稿化しました。で、1人でリハをやってみたのですが、僕の場合原稿を読むとみるみる元気がなくなることが判明したので笑、結局要点は踏まえつつもアドリブで喋ると思います。

というかそういう性格なら事前に原稿も作らなさそうなのですが、これを作っているのが長年かけて自分の中に育成してきたマネージャー人格です。そして勿論原稿はあったほうが良いので、そこは自分を褒めることにします笑。

(追記)本イベントは無事終了しました。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!

making of unIQueness

「unIQueness」のCG制作過程をお見せするメイキング動画を公開しました。

何故こんな動画を作ったかと言いますと。僕が所属するメンサ(という高IQ団体)が毎月会報を発行していまして、今月号に僕のインタビューを掲載頂いています。主に仕事のことを語っているのですが、その一環で映像の制作過程を動画で見せてほしい旨ご要望頂きまして、それにお応えして制作したのがこの映像です。
つまり会報のおまけのようなコンテンツです。会報は申し訳ないことに会員しか見られないのですが、動画は一般公開させて頂きます。

ちなみに「unIQueness」自体はメンサと直接関係はないのですが、内容はメンサ寄りですので作例としては最適だったような!

NOW MAKING!


完結に向けて加速したい「unIQueness 」、これは新作「ep3」の完成映像ではなくCGを作っている途中の様子です。

実写を撮ってそれに上手いことCGを合わせている、という方式「ではない」のが分かりますでしょうか?仮想的な箱の内側に写真を貼って部屋を再現し、そこにCGオブジェクトを浮かせているのです。僕はその方法をある日思いついて重宝していたのですが、実はCG制作アプリ側に同様の機能があったという…(つまりその機能と同じ処理を手動でやっていた)。

ちなみに浮いているCGオブジェクトは本作の主役である幸田氏が考えたIQテストです。完成映像ではあっという間に正解が提示されますので、考えるなら今です!笑

伝々虫さん

よく一緒にお仕事させて頂いている広告代理店「伝々虫」のサイトがリニューアルされました。以前制作したTVCMと、クライアントさんのインタビューを載せて頂いております。感謝。

こちらが掲載ページ

↓こちらがそのCM

時効VOCALOID #03 replicant

時効VOCALOID #03 replicant (2010年制作)
作詞・作曲・編曲・映像:ひらさわとも / featuring 巡音ルカ


音声合成ソフトを使って制作した旧作MVを今更再掲載する「時効VOCALOIDシリーズ」の第3弾です。今回のボーカルは初音ミクではなく、その仲間の巡音ルカさんです。ミクより歳上でバイリンガルという設定。当時ニコニコ動画での再生数はそんなに伸びなかったのですが、一部の方が物凄く熱心に聴いてくれたのを覚えています。