「X-MEN」という超能力者達の戦いを描いた映画を観た方も多いかと思います。主人公はウルヴァリンという、拳からシャキーンと金属の爪を出す男です。1作目の序盤、少女がウルヴァリンに「爪を出すとき痛くないの?」と尋ねるシーンがあります。ウルヴァリンは「…痛いさ」と答えるのですが、僕はこの時点でこの監督を信用することに決めました。

前回書いた「SCORPION/スコーピオン」は、高IQ者のことをかなりリサーチしていると思います。よって上の例で言えばウルヴァリンの爪の話は把握しているのですが、「痛くないの?」とまでは訊いていないのです。実は、ウルヴァリンにその質問をする少女もまた超能力者です。触れるだけで相手を殺してしまうという呪いのような能力を持っているが故にウルヴァリンのことも分かる(そういうとんでもない難役なのでアカデミー賞受賞子役、アンナ・パキンが演じています)。そしてそういう人物を描ける監督もまた、少女やウルヴァリンと同じ側の人間であることが予想できます。

勿論何か能力を持てばその分暗くなる、という話ではないのですが、ただ人の心はとても複雑なバランスの上に成り立っているので、大きな何かを加えればそれだけ全体が影響を受けます。これは例えば高額の宝くじに当選した人がバランスを崩すのと同じです。そしてその揺らぎの切なさは、描ける人と描けない人がいる、ということです。

「X-MEN」も人気が出ていろいろな人が監督をするようになり、だんだんと「俺の爪無敵すぎワロタ」みたいな空気になっていくのですが笑、まあそれはそれで楽しいんですけれどね。「SCORPION/スコーピオン」もまた然りです。

典型的IQ100

「SCORPION/スコーピオン」という、天才集団がいろいろな事件を解決していくというドラマを観てみました。

序盤に「28日まであるのは何月?」というクイズに主人公が「毎月」と答える場面があります。正解を「2月」とする出題者や世間より主人公の論理性が高いという描写で、良くできていると思います。

ただ実は「2月」というのはかなり鈍い答えで、「毎月」と思う人も多いのではないでしょうか。つまりこれは、実際には論理性低と中の比較であるような例を、まるで中と高の比較であるように見せることでドラマの分かりやすさを保つという脚本上のテクニックです。

本当に論理性がずば抜けて高い人をそのまま描いたら理解できる人が減るので噛み砕くことは必要だし、このブログも天才を話題にする際はその手法を使っています。但し噛み砕く度合いは「SCORPION」のほうが甚だしいです。僕にはあの主人公達はIQ140のステレオタイプを演じるIQ100に見えます。つまり噛み砕かれ過ぎなのか天才の原型が感じられないのです。

主人公のモデルであり製作総指揮も務めている人はIQ197である、という触れ込みです。その彼は自分自身を描くことを完全に諦めているか、実際には高IQではないかのどちらかのように思えます。そして仮に諦めて他の目的の為にドラマを作ったのだとしても「IQ140のステレオタイプを演じるIQ100」をイキイキと描く必要はない気がするので笑、僕は真相は後者なのかなと思っています。

住宅情報館 x LOL

以前作らせて頂いたこのCM、またもやタイアップ曲を差し替えて延長になりました。そもそもweb用動画が急遽CM化されることになり再構成したもので、CM的締めカットがないのでメンバー5分割でそれらしくしたという例外的な経緯の作品なのですが、なんだかんだ僕の関係したものの中では最長寿命に笑。ありがたいことです。(でもそろそろこのシリーズで新作やりたい)

時効VOCALOID #02 Destination

時効VOCALOID #02 Destination (2009年制作)
作詞・作曲・編曲・映像:ひらさわとも / featuring 初音ミク


初音ミク(という音声合成ソフト)を使って制作した旧作MVを今更再掲載する「時効VOCALOIDシリーズ」の第2弾です。初音ミクの3DCGはMMDというフリーウェアを使って制作しています。それと、いつもの要領で作った背景要素を合成する方式。

いろいろ拙さはあるしそもそも当時の制作環境は今より遥かに低スペックだったのですが、それにしても1作にここまで手数(と精神的テンション)を注ぎ込むことは滅多にないかも。当時リーマンショックの影響でCMやPVの制作本数が減り若干暇だったのですよ笑。余った時間で営業をするのではなくこれを作ろうと思ったのです。

時効VOCALOID #01 +RESTART

時効VOCALOID #01 +RESTART (2009年制作)
作詞・作曲・編曲・映像:ひらさわとも / featuring 初音ミク


2009年から2010年にかけて、初音ミク(という音声合成ソフト)を使って曲を作り映像は勿論自分で作ってニコニコ動画に投稿していました。当時のブームに乗ってそこそこ観て頂けていましたが、その後作品が古くなってしまったこともあり封印。

しかし今観ると一周まわって逆に微笑ましいような気もするし、当時全力で作ったことに変わりないので「時効VOCALOIDシリーズ」としてyoutubeに再アップすることにしました。全3曲。

この「+RESTART」は僕が外部に出した初の楽曲で、同時に初音ミク第1作です。初音ミクはメロディーの入力が結構面倒くさく初心者には高いハードルでした。そこで手を抜き、更にそれを曲の特徴にすべく、この曲ではミクにドとレだけを歌わせることにしました。